2019 最初のエクササイズクラスを終えて思う事。

あけましておめでとうございます。

ちょっと遅いですが。

 

最初のエクササイズクラスを終えて、複雑な思いを抱えています。

ある程度のキャリアの役者さんたちが、演技を伸ばせていないのはなぜなのだろう・・・。

 

色々あるのだろうが、一つには昨今のワークショップ流行の弊害が懸念される。

ワークショップ流行といっても、主催者側より俳優の自覚の問題だろう。

いや、ウチもワークショップだからと言って自分を擁護するつもりはない。

 

私が若かりし頃は、一度劇団などの養成所を卒業すると訓練する場所がなく、それを嘆いていた。

今は沢山のワークショップがあり、その場所には事欠かない。

が、色々なところを転々としているだけで、基礎を固められていないし、自分の欠点を見つめ直すようなこともできていない気がする。

「ワークショップで10日間は長い」

「ずっと○○が出来なくて・・・」

などの言葉が出るのはその証だろう。

 

自分の演技が10日間の稽古でなんとかなるものではない。

「ずっと出来ていない」のであれば、なぜそれを何とかする訓練をせず泣き言を言いながらオーディションだけ受けるのか!

落ちるに決まってんじゃん!!!!

 

 

悪気があってこうなっているとは思えない。

もちろん、私たちの若いころと同様、劇団や事務所に所属し続ける難しさ、生活の苦しさ、そういうことを乗り越えながら、自分の演技のシェイプアップをやるのは大変なことだ。

 

しかし、それができなければプロではない。

 

 

ああ、この言葉は言いたくない!!!のだが、言うぞ・・・

近頃の若者は・・・ああ、言っちゃった・・・実はちょっとのんびりしているのだろうか。

 

頑張れよ!ワカモノ!マジで!

 

自分のために!

自分から逃げない!

基礎力をつけろ!!!

 

最新情報

ブログ

★「ディープエクササイズクラス1」終了。アップいたしました。

Twitter