本気になる

昨日、リピテションクラスがあった。

久々の人たちが参加。

やはり、しばらくやらないと感覚が鈍る。

 

リピテションは私たちが思う「基礎」なので、リピテションが出来ないからと言って「芝居」が下手になるわけではない。

が、ほっとくと演技に影響が出る。

あるいは、自分の演技の欠点はこの基礎練で確実に見えてくる。

欠点は克服しなくては先がない。

後はやるだけ。きわめてシンプルだ。

 

そのことをどれだけ自分自身が受け入れられるか・・・。

 

私たちの仕事は、いつオーディションに受かるか、仕事が取れるかわからない。

いつまでたっても収入も不安定。

おまけに「演技」というものはとてもグレーで、

何がいいのか悪いのか・・・

どうしたらよくなるのか・・・

あっちの演出家はこう言ってた・・・こっちの監督はああだった・・・

最終的には「好き嫌い」で決められるハナシなのだ。

 

自分でも思う、芝居や映画を見て。

「この役役者は下手だ。でも好きだ。」「こっちの作品は名作だと思う。でもあっちが見たい。」

そんな世界だ。

 

それを踏まえて、やるかやめるか。

やるなら何をやるか。

その方向で、「上手くなる」「上達する」には何が必要か!

決めて・・・

やる・・・

出来るまで。

 

 

実際、前回のキャラクター&シーンクラスでもう2年越しにやっとトンネルを抜けられたコが、リピテションに来た。最初とは全く別人のパフォーマンスをやった。

2年だよ・・・2年。

「継続は力」を実践してくれた。

言葉で言うのは簡単、本当にやれる人が何人いるか・・・。

もう、泣きそうになる。

ここまでよく続いた。

こんなコが現場にたくさん出て欲しい。

 

エクササイズクラスも残席わずかとなっています。

本気で俳優を目指す人、お待ちしてます!!!

猛暑を締めくくりましょう!

 

 

最新情報

ブログ

★「ディープエクササイズクラス1」終了。アップいたしました。

Twitter